私の好むドラムスタイル

私のドラム人生について 私たちはオリジナル曲を作って県内を中心にバンド活動をしています。私はそのバンドでドラムを担当しています。このバンドは中学生の頃からやっていて、今が大学三回生なので、かれこれ八年くらい同じメンバーで活動しています。いつもギターボーカルのメンバーが曲を作ってきて、それぞれが自分のパートを試行錯誤しながら作っていきます。高校時代まではタムなど太鼓類で手数を増やし、おかずを入れていくようなドラムが好きで、ギターボーカルが作ってきた曲にいつもそのようなリズムをつけていました。

しかし、歳をとるにつれて、あまり自分が目立ちすぎず、自分のドラムを自然と曲に溶け個ますようなスタイルに変わってきて、今ではおかずを入れる時も太鼓類ではなくハイハットを不規則に入れるようなオシャレなドラムを好むようになりました。あくまで主役は歌であり、各パートはそれを構築するための部品である。それが今の僕の考えです。だから構築するためにドラムが不必要であるような曲であれば、別に私の出番はいらないと思っているくらいです。これからどのように考え方が変わっていくかは分かりませんが、その時その時で曲に対してベストなリズムを作ることができるよう頑張りたいです。

おすすめ記事

Copyright (C)2017私のドラム人生について.All rights reserved.