ドラムでストレス発散!

私のドラム人生について ドラムの響きは他のどの楽器にも類似しない独特のものがあります。またその存在感は大きく、バンドにとってはなくてはならない存在でもあります。軽快なリズムに手と足を使い器用に叩くその様は見る人を魅了すると思っています。ギターやボーカルも良いですが、音楽の要でありベースであるこのドラムにわたしは一番惹かれるのです。学生の頃からバンド活動をしているわたしは、ヒマさえあればエアードラムででも叩いているほどの好きっぷりです。

会社員として働いている今では、月に4.5回スタジオに行くことが出来れば上等です。働き出してからはドラムからも遠ざかっていましたが、ふと近所にある音楽スタジオに顔を出したのが始めたきっかけです。ドラムを力一杯叩くとストレスがスーっとどこかへ消えていくような気がします。そこでは私と同じような人が集まりちょっとしたセッションをすることができるイベントがありました。音楽好きが集まり思い思いに楽器を手にとってひとつの音楽を作っていくのはとても楽しい作業です。なかなかの中年たちが集まっていますが、それだけに腕前もそこそこありすぐにまとまっていくのも学生の頃とは違う楽しさではないでしょうか。今ではちょっとしたライブも出来るようになりました。

おすすめ記事

Copyright (C)2017私のドラム人生について.All rights reserved.